上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

今回は、先祖や家族との関わりについて、「地獄」と「地獄の淵」について、紹介していきます。







{先祖や家族との関わりについて}

霊界における人の魂には、細い紐が伸びており、その紐が先祖や家族の魂(両親や兄弟姉妹等の魂)へとつながっています。

霊界においては、魂の頭上に先祖や家族の魂へとつながる紐があるかないかで、その魂が、人間界に身体として降りている魂であるかどうか判断できます。
紐がある:人間界に降りている
紐がない:人間に降りていない

魂の頭上の先祖へとつながる紐は、人間界における身体が死ぬと、消えてなくなります。




※「魂」や「霊」、「仏」といった言葉は、この世界(人間界)における人間が作った言葉です。

霊界における魂達は、自身が「魂」や「霊」、「仏」であるとは、思っていません。

人間界における自分が死んでも、魂自体は何も変わらないからです。





{「地獄」と「地獄の淵」について}

怨霊は、自分(怨霊)を殺した魂に復讐をし、最終的にはその魂を「地獄」に落とします。
また、怨霊を除けた後も、自然に「地獄」に落ちるようになっています。

しかし、「地獄」に落ちる、落とすといっても、具体的には「地獄の淵」に落ちるという場合もあります。
(※結果からいうと、最終的には「地獄」に落ちます。)

「地獄」ではなく「地獄の淵」に落とされるとはどういうことかといいますと、先述の通り、 人間界に身体として降りている魂の頭上には、先祖や家族の魂へとつながる紐が伸びています。

すると、 魂が人間界に身体として降りているうち(魂の頭上に先祖や家族の魂へとつながる紐があるうち)は、「地獄」の中に落ちる(落とされる)ということはありません。

しかし、人間界における身体が死ぬと、 魂の頭上の先祖や家族の魂へとつながる紐は消滅し、そのまま地獄へと落ちるということになります。

ただ、 魂が人間界に身体として降りているうち(魂の頭上に先祖や家族の魂へとつながる紐があるうち)は、「地獄の淵」で止まるとはいえ、両手を後ろで縛られ、首を吊られ、身動きできない状態になります。 

そして、「地獄」や「地獄の淵」をさまよう様々な化け物等に、魂が憑依され、人間界における自分(身体)に精神的・肉体的な悪影響をもたらします。




今回のテーマについては、「心霊なんでも相談室」のホームページや八坂先生のブログ上の、下記のページもご参考にどうぞ。
先祖との関わりについて:http://tatukei2.web.fc2.com/reikainouso.index.html
家族との関わりについて:http://ameblo.jp/no1-kami/entry-11935260674.html
「地獄」と「地獄の淵」について:http://tatukei2.web.fc2.com/hajime.index.html


詳しくは、「心霊なんでも相談室」のホームページへ
スポンサーサイト
2014.11.23 Sun l 霊界 l コメント (0) l top

以前(今年の8月に)、「心霊なんでも相談室」の八坂先生に私の魂に憑いていた怨霊を除けて頂きました。
怨霊を除けた後は、魂を、霊界における「地獄」または「怨霊の林」から「先祖の故郷」以上の階層に移動させることが必要です。
(霊界の階層:下から順に、「地獄」→「怨霊の林」→「先祖の故郷」→「人間界に降りている魂の集落」→「天国」)
私は、八坂先生に怨霊を除けて頂いた後、3カ月の間、私の魂を「地獄」にとどまらせ、この世界(人間界)における自分自身にどのような影響をもたらすのかを観察してきました。
そして今回(11月)、八坂先生に、私の魂を「地獄」から「人間界に降りている魂の集落」に上げて頂きました。


まずは、怨霊を除けた後、私の魂が「地獄」にとどまっていた3カ月間、この世界(人間界)おける私自身の身体的・精神的な変化、状態についての考察です。

{初期}
・喪失感、さみしさ(主に家に一人でいる時に感じる)
・頭のかゆみ(ちゃんと毎日洗っても)。

{1カ月経過~}
・体力の低下
→事例:疲労感、ぐったり感、よく汗をかく、風邪が治りずらかった(1回の風邪で、治すのに3回病院へ行った)
・気力の減退、やる気が出ない
・マイナス思考
・元気が出ない感じ(決して元気とは感じられない状態)
・焦り感
・家の階段から落ちた(軽傷ですんだ)
→意識が散漫としている影響。

{2か月経過~}
・恐ろしい夢(今までで最も恐ろしい夢)を見た
・興奮状態が続いた(少し動悸が激しい時もあった)
→大蛇の化け物が魂に憑依し、魂が息苦しさを感じてていたため。
・不眠症的な症状(夜、夜中、眠りに落ちることができず、頭が妙に冴えてしまっている)
→魂の怨霊のトラウマ(魂の恐怖心)や、先述の大蛇の化け物が影響。
・吐き気

{3カ月経過直前}
・身体のかゆみ
→毛むくじゃらの化け物が魂に憑依していた影響
・快くない夢(マイナスなイメージの夢)が続いた

{※常に感じていた症状}
・食欲減退(油物やしょっぱい物等をあまり食べたくない感じ)
→「地獄」には、獣の匂いが漂っているため。
・何らかの不安要素がある、不安を感じる(不安には波がある)
→怨霊による復讐はトラウマになるほどの苦痛、恐怖であったため、怨霊はいなくなっても魂自体がその恐怖を忘れることができない。その恐怖がこの世界(人間界)の自分自身にも伝わり、不安となって症状が現れる。

ここまで、魂が「地獄」にいる時、この世界(人間界)の自分にもたらす影響について紹介してきましたが、身体、精神に悪い影響ばかりであり、総じて負の状態、マイナスな感じが続くことが分かります。
つまり、怨霊を除くことが第一に重要なことでありますが、怨霊を除けただけでは根本的解決ではないということが、良く分かります。
怨霊を除けた後、魂を「先祖の故郷」以上の階層へ移動させることが、第二に重要なことで、忘れてはならないことであります。


そして、今回(11月)、八坂先生に私の魂を「地獄」から「人間界に降りている魂の集落」に上げて頂きました。
私の魂は、「人間界に降りている魂の集落」に移動した時、そこのあまりの美しさに驚いていました。
私の魂はその時、「心地よい風がなびいている、にこやかな人々であふれている、大きな屋敷が並んでいる、お花畑のに匂いがする」と言っていました。

しかし、魂を「人間界に降りている魂の集落」上げたからといって、即時に、この世界(人間界)の自分に良い影響が現れるというわけではありません。
日ごと月ごとに、徐々に1年くらいかけて、魂を「人間界に降りている魂の集落」に上げたことによる良い影響が現れてくるのです。

「心霊なんでも相談室」のホームページ内の、下記の怨霊を除けた後のことについてのページも、ご参考にどうぞ。
http://tatukei2.web.fc2.com/jyoreigo.html


今後も、自分自身の身体的・精神的な変化、状態をよく観察し、私の魂を「人間界に降りている魂の集落」に上げたことによる良い影響について、定期的にお伝えしていこうと思います。


「心霊なんでも相談室」のホームページは、こちらへ
2014.11.13 Thu l 除霊 l コメント (0) l top
今回は、霊界の構造と、階層についてです。

霊界は、下から順に「地獄」→「怨霊の林」→「先祖の故郷」→「人間界に降りている魂の集落」→「天国」という構造なっています。
それぞれの階層の詳細について、は以下の通りです。

{怨霊の林}
ここは、すごく暗いところで、怨霊や悪霊等がさまよっているところです。
怨霊は、死後(殺されたり、死に追い込まれた後)、人間界に下りている魂の集落に行き、自分を殺した者の魂を探し、怨霊の林に引きずり込みます。
つまり、ここは怨霊が自分を殺した魂に対して、復讐をする場であるのです。

{地獄}
ここは、獣の匂いが漂う、真っ暗闇なところです。
ここには、大蛇の化け物や毛むくじゃらの化け物等がいます。
怨霊の最終目的は、自分を殺した魂を「地獄」に落とすことです。
また、除霊によって怨霊を除けられた魂も、除霊後まもなく、自然と地獄に落ちるようになっています。
「地獄」に落ちると、魂が先述の化け物等に憑依され、この世界(人間界)の自分自身に様々な悪影響(異常な眠気、かゆみ等)をもたらします。
したがって、怨霊を除けた後は、魂をなるべく早い内に、「先祖の故郷」以上の階層へ移動させる必要があります。

{先祖の故郷}
ここは、夕暮れ時の明るさで、四季はなく、住みやすい気候のところです。
通りには先祖達の住む長屋が連なっており、人々は瞑想や、先祖達と雑談をしたりして過ごしています。
ここは、身内(先祖)ばかり集まっており、揉め事が全くなく、この世界(人間界)に比べて、とても住みやすいところだそうです。

{人間界に降りている魂の集落}
ここは、とても明るく、心地よいそよ風がなびいているところです。
通りには立派な屋敷が並んでいて、穏やかで優雅な人々(魂)ばかりです。
この「人間界に降りている魂の集落」に魂を移動させると、この世界(人間界)の自分自身も非常に穏やかになり、安らぎを得られるそうです。

※「地獄」から「人間界に降りている魂の集落」までは、一本道で繋がっています。

{天国}
「天国」は人間界に降りている魂の集落の遥か雲の上に位置します。
天国については、まさに夢物語の別世界であり、究極の安らぎを感じられるところです。
詳しくは、下記の「心霊なんでも相談室」のホームページ内の「天国」についてのページをご覧ください。
http://tatukei2.web.fc2.com/tengoku.index.html


幸福で安定した人生を送るためには、怨霊を除けることが、第一に必要なことです。
しかし、怨霊を除けただけでは、魂は「地獄」に落ちるようになっているため、魂を「先祖の故郷」以上の階層へ移動させることが必要であり、重要なことであります。
怨霊を取り除き、魂を平穏で安定した階層へ移動させることで、初めて根本的な解決となります。


詳しくは、「心霊なんでも相談室」のホームページへ
2014.11.09 Sun l 霊界 l コメント (0) l top
今回は、様々な霊について、その真実とウソについてです。


まずは、最も注意しなければならない二つの脅威的な霊についてです。

{怨霊}
怨霊は、前世で殺されたり、死に追い込まれたりしたことに対する復讐を果たすために憑依します。
怨霊は、人の心を操り、人生を大きく左右することができます。
したがって、人の不幸や災難は、この怨霊によるものです。

{数百年前の土地の持ち主}
大昔の人々は、土地は命よりも大切なものと考えていたので、死後も霊界に行かずに、今現在もその土地を守り続けている人達(霊)がいます。
その人達(霊)が、数百年前の土地の持ち主ということです。
今この世界に生きている人達が、数百年前の土地の持ち主達の土地の上に、家を建てると、数百年の前の土地の持ち主は、勝手に自分の土地に家を建てられたということで怒り、その人達にいたずらをします。
家庭内の問題やもめ事は、数百年前の土地の持ち主が原因の場合が多いです。

以上二つの霊が、霊障の原因のほとんどを占めています。


以下の霊については、憑依されるのは稀で、それほどの脅威ではありません。

{悪霊}
悪霊とは、怨霊が復讐という目的を達成し終えた後(怨霊の最終目的:地獄へ落とすこと)、何も目的をなくした怨霊(元怨霊)のことです。
復讐という目的を達成し終えた元怨霊は、もう何もすることがなく、ただ怨霊の林をさまよっているだけとなります。
元怨霊は今度は、欲望を満たすためや楽しみのために(食欲やお酒等)、怨霊の林にいる全く関係のない魂に憑きます。
しかし、元怨霊が、全く関係ない魂に憑いていることができる期間は、その魂に本来憑いている怨霊が休憩のために、一時的にその魂から離れている間だけですので、その魂に本来憑いている怨霊が戻ってきたら、元怨霊はその魂から離れなければなりません。
したがって、実際は、悪霊による霊障はそこまで脅威ではないのです。

{動物霊}
動物は死後、人間が死後に行く霊界とは別の「畜生界」というところに行きます。
"動物霊が憑いていた"といったようなことを聞くことがありますが、それは怨霊が動物霊のふりをしていたということです。

{背後霊、守護霊、先祖霊}
背後霊、先祖霊、守護霊といったものもよく聞く言葉ですが、これらについてはよく、"自分(人)の背後には守護霊が憑いていて、守ってくれている。"といったようなことを聞くことがありますが、確かに先祖等は霊界から見守ってくれている(見ている)ことはありますが、先祖(亡くなった人)の魂は霊界に存在しているため、この世界で人間のすぐ後ろに憑いているといったようなことは、ありえません。。

{生霊}
"生霊に憑かれた"といったようなこともよく聞きますが、人間に憑依するような生霊は存在せず、それは「念」といった方が正しいです。
「生霊」とは、人間の魂そのもので、「念」とは、人間が発する思いです。
もし、"生霊に憑かれている"といったような感じの霊障を抱えている人がいるとすれば、それは、怨霊によるもので、怨霊がそのような霊障を発生させているということです。

{水子霊},{高級霊},{地縛霊}
このような霊は、そもそも存在しません。


ここまで、様々な霊について、紹介してきましたが、世間での霊についての理解には大きな誤りがあるということが分かります。

霊症のほとんどは、「怨霊」、「数百年前の土地の持ち主」によるものです。
また、ほとんどの場合、悩みや苦しみ等は「怨霊」によるもので、家庭内の問題やもめ事は「数百年前の土地の持ち主」によるものということです。

したがって、この二つの脅威的な霊を除霊することなくしては、明るく幸福な人生を歩むことはできず、一生、そして死後も永遠に苦しみや悩みを抱えて過ごしていくことになります。

「心霊なんでも相談室」でしたら、この二つの脅威的な霊を除けて頂くことができます。

参考として、私に憑いていた怨霊と私が前世で起こした事件については、下記の心霊なんでも相談室の八坂先生のブログをご覧ください。
 →パート1
 →パート2


詳しくは、心霊なんでも相談室のホームページへ
2014.11.04 Tue l l コメント (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。