上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

霊界とは、人の心(意識)の中に広がる世界のことです。
霊界は、全ての人々の心(意識)の中で繋がっています。

この世界(人間界)における我々“人間”は、霊界(心の中の世界)においては“魂”であり、“人間”と“魂”とは別次元に存在していますが、“人間”と“魂”は連係しています。
「霊に憑かれる」や「霊が憑依する」とよく耳にしますが、霊は、この世界(人間界)における人間の身体に憑くのではなく、正確には霊界(心の中の世界)における魂に憑きます。

霊界(心の中の世界)では、日常的に様々なことが起こっており、それがこの世界(人間界)の人間に影響をもたらします。
例えば、怨霊や悪霊に憑依されることによる作用、以心伝心や虫の知らせ等は、霊界(心の中の世界)での出来事が、この世界(人間界)の人間に作用したものです。
したがって、この世界(人間界)の人間が幸福か不幸かは、全て霊界(心の中の世界)における魂の状態で決まると言えます。

悩みや心の病等は、全て霊界(心の中の世界)での魂の状態、状況に起因するものです。
悩みや心の病を抱えている人々の魂のほとんど全ては、怨霊に憑依されています。
怨霊は、前世で殺されたり、死に追い込まれたりしたことに対する復讐を果たすために、憑依します。

そして、怨霊は魂に憑依すると、人の心を自由自在に操り、人生を大きく左右します。

つまり、魂が怨霊に憑依されると、この世界(人間界)における人間は、自分の心をコントロールすることはできなくなります。
そのため、ストレス解消法や悩みをなくす方法等といったものが、本やテレビで紹介されていたりしますが、悩みや苦しみをそういったもので自力で解決することは不可能です。
また、精神的な症状や心の病等は、精神医学では解決できない分野であるといえます。
したがって、薬物療法やカウンセリング等では、症状を軽減する、抑えることは可能であるかもしれませんが、完治することは不可能です。

悩みや苦しみをなくし安らぎを得るため、幸福な人生を送るためには、魂に憑依している怨霊を除ける必要があります。
怨霊を除けることなくしては、悩みや苦しみの根本的な解決は不可能です。


詳しくは、「心霊なんでも相談室」のホームページへ
スポンサーサイト
2014.12.31 Wed l 霊界 l コメント (0) l top

今回は、先祖や家族との関わりについて、「地獄」と「地獄の淵」について、紹介していきます。







{先祖や家族との関わりについて}

霊界における人の魂には、細い紐が伸びており、その紐が先祖や家族の魂(両親や兄弟姉妹等の魂)へとつながっています。

霊界においては、魂の頭上に先祖や家族の魂へとつながる紐があるかないかで、その魂が、人間界に身体として降りている魂であるかどうか判断できます。
紐がある:人間界に降りている
紐がない:人間に降りていない

魂の頭上の先祖へとつながる紐は、人間界における身体が死ぬと、消えてなくなります。




※「魂」や「霊」、「仏」といった言葉は、この世界(人間界)における人間が作った言葉です。

霊界における魂達は、自身が「魂」や「霊」、「仏」であるとは、思っていません。

人間界における自分が死んでも、魂自体は何も変わらないからです。





{「地獄」と「地獄の淵」について}

怨霊は、自分(怨霊)を殺した魂に復讐をし、最終的にはその魂を「地獄」に落とします。
また、怨霊を除けた後も、自然に「地獄」に落ちるようになっています。

しかし、「地獄」に落ちる、落とすといっても、具体的には「地獄の淵」に落ちるという場合もあります。
(※結果からいうと、最終的には「地獄」に落ちます。)

「地獄」ではなく「地獄の淵」に落とされるとはどういうことかといいますと、先述の通り、 人間界に身体として降りている魂の頭上には、先祖や家族の魂へとつながる紐が伸びています。

すると、 魂が人間界に身体として降りているうち(魂の頭上に先祖や家族の魂へとつながる紐があるうち)は、「地獄」の中に落ちる(落とされる)ということはありません。

しかし、人間界における身体が死ぬと、 魂の頭上の先祖や家族の魂へとつながる紐は消滅し、そのまま地獄へと落ちるということになります。

ただ、 魂が人間界に身体として降りているうち(魂の頭上に先祖や家族の魂へとつながる紐があるうち)は、「地獄の淵」で止まるとはいえ、両手を後ろで縛られ、首を吊られ、身動きできない状態になります。 

そして、「地獄」や「地獄の淵」をさまよう様々な化け物等に、魂が憑依され、人間界における自分(身体)に精神的・肉体的な悪影響をもたらします。




今回のテーマについては、「心霊なんでも相談室」のホームページや八坂先生のブログ上の、下記のページもご参考にどうぞ。
先祖との関わりについて:http://tatukei2.web.fc2.com/reikainouso.index.html
家族との関わりについて:http://ameblo.jp/no1-kami/entry-11935260674.html
「地獄」と「地獄の淵」について:http://tatukei2.web.fc2.com/hajime.index.html


詳しくは、「心霊なんでも相談室」のホームページへ
2014.11.23 Sun l 霊界 l コメント (0) l top
今回は、霊界の構造と、階層についてです。

霊界は、下から順に「地獄」→「怨霊の林」→「先祖の故郷」→「人間界に降りている魂の集落」→「天国」という構造なっています。
それぞれの階層の詳細について、は以下の通りです。

{怨霊の林}
ここは、すごく暗いところで、怨霊や悪霊等がさまよっているところです。
怨霊は、死後(殺されたり、死に追い込まれた後)、人間界に下りている魂の集落に行き、自分を殺した者の魂を探し、怨霊の林に引きずり込みます。
つまり、ここは怨霊が自分を殺した魂に対して、復讐をする場であるのです。

{地獄}
ここは、獣の匂いが漂う、真っ暗闇なところです。
ここには、大蛇の化け物や毛むくじゃらの化け物等がいます。
怨霊の最終目的は、自分を殺した魂を「地獄」に落とすことです。
また、除霊によって怨霊を除けられた魂も、除霊後まもなく、自然と地獄に落ちるようになっています。
「地獄」に落ちると、魂が先述の化け物等に憑依され、この世界(人間界)の自分自身に様々な悪影響(異常な眠気、かゆみ等)をもたらします。
したがって、怨霊を除けた後は、魂をなるべく早い内に、「先祖の故郷」以上の階層へ移動させる必要があります。

{先祖の故郷}
ここは、夕暮れ時の明るさで、四季はなく、住みやすい気候のところです。
通りには先祖達の住む長屋が連なっており、人々は瞑想や、先祖達と雑談をしたりして過ごしています。
ここは、身内(先祖)ばかり集まっており、揉め事が全くなく、この世界(人間界)に比べて、とても住みやすいところだそうです。

{人間界に降りている魂の集落}
ここは、とても明るく、心地よいそよ風がなびいているところです。
通りには立派な屋敷が並んでいて、穏やかで優雅な人々(魂)ばかりです。
この「人間界に降りている魂の集落」に魂を移動させると、この世界(人間界)の自分自身も非常に穏やかになり、安らぎを得られるそうです。

※「地獄」から「人間界に降りている魂の集落」までは、一本道で繋がっています。

{天国}
「天国」は人間界に降りている魂の集落の遥か雲の上に位置します。
天国については、まさに夢物語の別世界であり、究極の安らぎを感じられるところです。
詳しくは、下記の「心霊なんでも相談室」のホームページ内の「天国」についてのページをご覧ください。
http://tatukei2.web.fc2.com/tengoku.index.html


幸福で安定した人生を送るためには、怨霊を除けることが、第一に必要なことです。
しかし、怨霊を除けただけでは、魂は「地獄」に落ちるようになっているため、魂を「先祖の故郷」以上の階層へ移動させることが必要であり、重要なことであります。
怨霊を取り除き、魂を平穏で安定した階層へ移動させることで、初めて根本的な解決となります。


詳しくは、「心霊なんでも相談室」のホームページへ
2014.11.09 Sun l 霊界 l コメント (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。